先輩の仕事 営業開発
先輩の仕事 営業開発
柄澤 航太
営業開発グループ 主任 2009年入社

マンションデベロッパーに勤務し、土地の買収・マンションの企画開発・販売を担当していましたが、「物件を売った後はどうなるのか?」ということに興味を持ち、当社へ。そして分かったことは、「販売よりもやりがいがある!」ということ。企画開発・販売には終わりがありますが、管理では建物がある限りメンテナンスや修繕が続き、課題がどんどん出てくるからです。
私は現在、営業開発に携わっています。親会社が物件を設計する段階から関わり「駐車場やゴミ置き場はこの位置の方が使いやすい」「この面のガラス清掃には、屋上にゴンドラ用の設備が必要」など、販売後に当社が請け負う管理業務について提案を行っていきます。同時に管理計画も作成し、「エントランスと共用廊下の清掃には毎月これだけの経費がかかる」などの見積もりも行っていきます。こうした費用は、マンションの所有者が“管理費”として月々支払う金額に反映されていくので、事業主である親会社は当社へさまざまな相談を持ちかけます。

私たちのアドバイスは、入居後のトラブルを防ぐためだけでなく、販売・宣伝の際にどれだけ付加価値をつけられるかということにも及びます。たとえば、都心の狭小地で駐車場が少ない物件のケースでは、敷地内の空きスペースと宅配ロッカーを有効活用し、近所のレンタカー会社と提携した入居者が割引で利用できるレンタカーサービスの仕組みを提案しました。こうした新しいアイデアを実現するには、条例・法律や関連業界のサービスを綿密に調べる必要があるので大変です。しかし、どんな業界、どんな事業者とも連携できる可能性を秘めていることが面白く、今はリサーチをすることを楽しんでいます。私たちのアイデアが入居者にさまざまなメリットをもたらし、親会社からも喜ばれる。そんな仕事ができることが、管理会社ならではのやりがいです。

ページの上部へ