長期修繕計画

いつまでも色褪せない住まい

入居した時は綺麗で立派なマンションも時を経るに従って劣化していきます。
いつまでも安全で快適かつ資産価値を維持するためには、先を見越した綿密な修繕計画が不可欠です。
日鉄コミュニティは、豊富な経験と施工実績を基にそれぞれのマンションに最適な長期修繕計画を作成します。

長期修繕計画作成の流れ

長期修繕計画は向こう25年から30年程度を想定して作成します。
しかし、実際の劣化状況、社会環境の変化、物価等の経済変動、技術の進歩による材料・工法の変化にあわせるため、概ね5年ごとに検証し見直すことが必要です。
特に、将来を予測した綿密な資金計画が必要となります。
日鉄コミュニティは、綿密な積算をもとに無理のない効率的な計画の作成を提案します。
また、作成する資料は修繕費用と修繕積立金の関係をグラフ化しよりわかりやいものとなっています。

【長期修繕計画と資金計画表】[pdf形式]

保有資格

 建築士(1・2級)
 建築施工管理技術者(1・2級)
 建築設備検査資格者
 建築物環境衛生管理技術者
 電気主任技術者(1・2・3種)
 電気工事士(1・2種)
 消防設備士(甲・乙種)
 危険物取扱者(甲・乙種)

PAGE TOP